2015/07/24

『雄勝ちびっこ広場』

オーリンクハウスの隣に「雄勝ちびっこ広場」ができました!
震災後、雄勝には子供たちが安心して走り回れる場所がなくなってしまいました。子供たちを想うお母さん方からの願いから立ち上がった「雄勝ちびっこ広場プロジェクト」。約2か月かかり、ついに完成を迎えました。
定期的に草刈りは必要ですが、走り回れる場所も砂場もあります。特に砂場はたくさんの方々のご協力があり、完成することができました。



                   穴掘りの様子



竹の節を貫き、砂をいれました



防草シートも敷きました


砂入れの様子



砂場完成!!


子供からお年寄りまで、みんなが集える場所を作りたいという願いも込められていますので、「ちびっこ」に限らず遊びに来て下さい。
みなさまの明るい声が響き渡るのを楽しみに、お待ちしてます(^^)




月刊おがつ 45号(2015年7月)が発行されました!

月刊おがつ 45(2015年7月)を発行しました。
PDF版はカラーになります。


・ 大盛況!『ウニ祭り』(ウニ祭り2015)
・ 海の幸トレイル 雄勝の魅力発信 (三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング)
・ 『モリウミアス』内覧会 (MORIUMIUS OGATSU
  この人だぁ~れ?(嶋田 江利子さん)

などなど

バックナンバーはこちらから。





2015/07/10

波板地区旧道で

625日、雄勝町分浜波板地区で供養の為の読経が行われました。




719日に開催される雄勝のランニングイベント

「三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング」




その「トレラン」の新コースにもなっている分浜波板地区ですが、
この新コースの開拓・整備を行っていた主催者の山本圭一さんが、震災の影響なのか
人目のつかない山奥に倒れている石碑を発見し、相当な大きさの石碑を元の位置に戻したのだそうです。

イベント当日はその石碑の前もコースになるのですが、
この石碑はなんと天明時代に作られたもので、天明の大飢饉の際、天災などで多くの方が亡くなったということで分浜にある高源院の「鐵眼眠牛(てつがんみんぎゅう)」という和尚さんが作った供養碑であると言われているそうです。

実際に供養碑には、名前や「天明 三月」と彫ってありました。




今現在は使う人が少なくなった分浜のブルーラインと呼ばれる旧道から、さらに歩いて登ったところにあり、当時この場所を人が道として利用していたのかと考えるとなんだか不思議な気持ちになります。







雄勝の山々には、このように「歴史」として残っている場所がまだまだあるそうなので、これからの夏、雄勝の山に「虫捕り」ついでに「歴史探し」も楽しいかもしれませんね。



2015/07/03

モリウミアス 内覧会|7月12日(日)


7月12日、日曜日 「モリウミアス 内覧会」が行われます。


「旧雄勝町立桑浜小学校」をご存じですか?

大正12年に設立された、
93年前の木造平屋建ての校舎で屋根には大正時代からの雄勝石スレートが使われています。

今から13年前に廃校となった そんな桑浜小学校ですが
新しいカタチで廃校を再生することを目的とした「雄勝学校再生プロジェクト」として
2013年4月から「Sweet treat 311」を中心に改修作業を行ってきました。

そして
「子供たちが、森や海、畑を体験して自然と共に生きることを学ぶ場」
として生まれ変わることになった桑浜小学校。

海の体験では、ホヤやホタテをはじめとした雄勝の海のことを学び、漁師の生き様に触れることができます。

大正時代の風格そのままに桑浜小学校は「モリウミアス」として、今後の雄勝の一次産業を支えるきっかけになるのかもしれません。


モリウミアス内覧会
日時:7月12日(日) 午前11:30~ 午後3:00まで
場所:旧雄勝町立桑浜小学校(おがつ店こ屋街から車で15分)

詳しくはホームページ
http://www.moriumius.jp

景色に響く音色 / ピュアハート 交流コンサート


629日(月)、雄勝町伊勢畑にある「オーリンクハウス」を会場に
「ピュアハート 交流コンサート」が行われました。

ピュアハートとは、福岡県のダウン症など知的障がいをもった子供達で構成される音楽バンド。
震災後、東北を中心に音楽で笑顔を届けるなど様々な支援を行っています。
カフェ縁のテラス席を特設ステージにして行われた今回の野外コンサートですが、
「ピュアハート」の名の通り、自らも純粋に音楽を楽しんでいる様子が
見ている方にも伝わる暖かい雰囲気の演奏となりました。
天候にも恵まれ、雄勝の景色に溶け込むような素晴らしい音色に足を止めて聴き入る人や、集まった住民の方々も楽しんでいました。