2015/01/29

鈴木省一写真展 「いしのまきのあさ」| 2月7日〜2月15日 オーリンクハウス会議室

石巻在住の写真家 鈴木省一(すずき しょういち)氏の写真展
「いしのまきのあさ」が雄勝町のオーリンクハウス会議室にて開催されます。

日時:2015年 2月7日(土) 〜2月15日(日) 10:00〜17:00
会場:オーリンクハウス 会議室 (宮城県石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34-3)
入場無料





〜【いしのまきのあさ】コンセプト〜

きっかけは街のある人の一言

「無くなってしまうと、何十年とこの街に暮らしている私たちでも、
 そこに何があったのかわからなくなるの…」

何も無くなってしまった更地 そこに力強く根付く植物たち

何事もなかったように穏やかな海 その海で生きると決めた漁師たち

取り壊されていく病院 時が止まったままの小学校 

どんどん小さくなる瓦礫の山 新しい家 新しい工場

消えゆく景色 そこにあり続ける景色 新しく始まる景色

夜の終わりと一日のはじまり やさしい朝の空気の中

そこに浮かび上がる 石巻の今
10年後… 20年後…
きっとあの日のこと そこから立ち直った新しい姿には関心が集まるだろう

だけど
その過程で 消えていくもの 生まれていくものを 
どこまで記憶しておくことができるだろうか
今を生きるこの街を記録すること そしてそれを伝えることは
これからの未来にとって とても大切なことだとおもう

だから僕は朝に向かって 明るくなっていく 今の石巻を撮り続ける

鈴木省一

プロフィール

鈴木省一/ Shoichi Suzuki
写真家
宮城県石巻市在住

1996 大学入学と同時に写真部に入部
2001 松濤スタジオ入社
2003 渞忠之(みなもと・ただゆき)に師事
2006 独立
2011年3月11日
その日まで僕は石巻がどこにあるのかさえ知らなかった。

2011年4月9日
ボランティアとしてはじめて石巻を訪れた時、一眼レフは持ってきていなかった。持っていたのはiPhoneとキーホルダーに付いていたトイカメラだけ。
その日はじめて見た石巻の風景は、小雨が舞う音のない世界だった。

2011年4月10日
早朝に市街地に向けて歩いた。雨は上がっていた。
市街地に入る前の橋の上で、石巻に来てはじめて太陽を見た。
昨日の暗い雰囲気と寒さを吹き飛ばす力強い日差しが、
橋のたもとにある一件の居酒屋に降り注いでいた。
その店の屋根に掲げられた看板には
『春が来た』
その文字を見たとたんに涙があふれてきた。

寒い冬もやがて暖かい春が来る
どんなにひどい状況でも、これから良くなっていくんだ。
そうおもうと、涙が止まらなかった。

2011年5月
地元に戻りカメラを持ってくる

その後、様々な活動を続けながら、石巻の今を撮り続けている。

月刊おがつ 39号(2015年1月) 発行されました!

月刊おがつ 39号(2015年1月)を発行しました。
PDF版はカラーになります。

月刊おがつ39号 PDF版

・祝成人式 - 新成人「将来は雄勝で」
・店こ屋初売り抽選会 - 店こ屋からのお年玉で大盛況
・このひとだぁ〜れ? (伊藤 幹史さん)
・雄勝町内の春祈祷 - 次世代継承の努力
・笑う門には福来たる

などなど

バックナンバーはこちらから



また、2015年の始めの号でもあるので「号外」もだしています。
号外は印刷版のみですので、おがつ店こ屋街、オーリンクハウスなどの
雄勝町内などで見つけてみてくださいね!




2015/01/28

名振のおめつきへ

1月24日に毎年恒例の名振の奇祭「おめつき」が開かれました。
今年の開催日は土曜日ということもあり、地元出身者も多く
参加されていました。「おめつき」当日より一週間以上前から
名振コミュニティセンターに集まり、山車に使う紙の花などの
装飾品作り、祭囃子、獅子振りの練習、当日の段取りなどを地区の方々で
集まりっていました。




施設の中に貴重な昔のおめつきの写真も飾られていて、

「昔は山車が通る時に家の壁にぶつかって、壁が壊れてしまったりも
したことあったんだけれど、それは何百年も前から山車の大きさと
コースは決まっていたのに大きく建てた家が悪いんだ!」

と笑いながら、役員さんが懐かしそうに昔の話しをしていました。




大変だけれど、この祭事はこれからも残していかねばと力を入れていました。
当日は天候にも恵まれ祭日和。東の秋葉神社の碑で祈祷を行い、
山車が出発しました。祭囃子隊も気合いを入れて篠笛、太鼓を鳴らして、
勇ましく「もまれ」進んでいきました。




途中で山車のいたる所が壊れ始め、チョーサイ(ド)!の掛け声と囃子の音の中に
一緒に金槌で壊れたところの応急処置をする音も混じっていました。





中間地点になっている倉庫前で「おもいつき」が披露され、とても賑いました。
石巻の旧市街、市外から来られている若い女性の方々もとても楽しみ、
そして御神体に乗り子孫繁栄を祈っていました。





お結びやワカメなどを振る舞われ腹ごしらえを済ませてから、
山車も再開し無事に小浜の秋葉神社の碑まで辿り着きました。

祭囃子を篠笛を吹いていた若い方は一週間前から初めて練習を始めて覚えたけれど、
しっかり吹けるように鳴るためにも練習をしたいと、来年の祭りに向けて
もう気持ちが切り替わっていました。来年も楽しみです。



2015/01/25

東北記録映画 第三部「うたうひと」上映 | 2015年2月11日

東北記録映画 第三部「うたうひと」の上映会があります。

『うたうひと』は 酒井耕・濱口竜介監督による『なみのおと』
『なみのこえ』に続く東北三部作の第三部。二人は前二作における
「百年」先への被災体験の伝承という課題に対して、
東北地方伝承の民話語りから示唆を得る。
栗原市の佐藤玲子、登米市の伊藤正子、利府市の佐々木健を語り手に、
みやぎ民話の会の小野和子を聞き手に迎えて、伝承の民話語りが記録された。
語り手と聞き手の間に生まれる民話独特の「語り/聞き」の場は、
創造的なカメラワークによって記録されることで、スクリーンに再現される。
背景となった人々の暮らしの話とともに語られることで、
先祖たちの声がその場に甦る。映画と民話の枠を超えた、新たな伝承映画が誕生した。

(うたうひと公式ページより引用)

日時:2015年 2月11日 (水) 13:30-15:30
会場:オーリンクハウス (石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34番地3)
鑑賞券:1,000円 (ワンドリンク付き)
※30席限定となりますので、鑑賞をご希望の方は事前予約も承っています

お問合せ
NPO法人雄勝まちづくり協会
TEL 0225-90-3770 / E-mail o.machidukuri@gmail.com





2015/01/16

地域を守る決意 / 平成27年石巻市消防団雄勝地区団 出初式

111日(土)、大須小学校で平成27年石巻市消防団雄勝地区団 出初式が開かれました。


各地で行われる出初式ですが、雄勝町でも消防団員の防災の意識を高めることなどを目的に毎年行われる恒例行事となっています。

 
 
この日は強く冷たい風の吹く中、響き渡る号令に消防団の制服に身を包んだ団員達はキビキビとした動きを見せていました。
 

 
 
国旗掲揚、観閲終了後に会場を体育館へと移動し、雄勝総合支所長からの挨拶、石巻市消防団雄勝地区団長の訓示や各表彰などが行われました。
 
 
訓示では「人口が減少し消防団の人員も減りましたが、ふるさとである雄勝を守る為、雄勝から離れて暮らしながらも消防団員として活動する団員に心から敬意を表します。今後高台移転等により多くの住宅が建設され、より能率的な防災活動が必要である。」と述べられました。
 
 
ふるさとや住民の安心と安全意識を持つ消防団の頼もしい姿を感じました。

2015/01/15

新年の運試し 「おがつ店こ屋街 年末年始売出し大抽選会」

2015年 新年の運試しともいえる
「おがつ店こ屋街 年末年始売出し大抽選会」が11日(日)に開催。


昨年の12月26日から1月11日当日まで、おがつ店こ屋街各店舗で
お買い上げ金額500円毎で1枚もらえる抽選券。
震災後から毎年行われている抽選会ですが、地元の方はもちろん遠方からもたくさんの方々が抽選券を握りしめ年初めの運試しに挑戦していました。


10時から始まった抽選会でしたが、店こ屋には当選の鐘の音が響き渡り
喜ぶ方、悔しがる方様々でした。



同時開催として「雄勝町胴ばやし獅子舞味噌作愛好連による春祈祷」





「雄勝町伊達の黒船太鼓」




そして無料提供の「どんこのつみれ汁」など


惜しくも抽選で目当てのものが手に入らなかった方も、
きっと楽しんでいただけたイベントであったと思います。



当たった人もそうじゃなかった人も
今年一年皆様に福が訪れますように

今年も「おがつ店こ屋街」を宜しくお願い致します。

2015/01/14

雄勝に集う若者たち

1月11日(日)石巻市雄勝町の成人式が行われました。


雄勝総合支所で行われた成人式には新成人34人が出席。
式典の開式前から、久しぶりの再会に喜ぶ新成人とその親御さんの場面が見られました。
 

小学校、中学校と学生数があまり多くはない地域である雄勝。
上の学年が下の学年の面倒をみるのが当たり前な
この地域ならではの環境で育った新成人は、既にとても頼もしく 礼儀正しい印象を感じました。


穏やかに開式した式典では、雄勝町で育った当時の写真によるスライドショーや、
恩師の方々からのお言葉に耳を傾け、成人としての自覚をそれぞれに感じているようでした。


華やかな振袖姿やスーツ姿の若者達、その中でも
「社会人になったら雄勝で働きたい」「将来は故郷である雄勝に貢献したい」
「雄勝の復興に携わりたい」などの声があり、
それぞれに想いの積もった故郷の未来を考える新成人が多くいることに
頼もしさ以上の何かを感じました。


新成人の皆様、おめでとうございます。

2015/01/13

雄勝に再びやってきた!あっぺとっぺの助 「笑う門には福来る」

新年早々笑いを届けに知る人ぞ知る「あっぺとっぺの助」による
演芸「笑う門には 福来たる」が1月10日(土)雄勝町オーリンクハウスで行われました。


お正月らしい華やかな衣装で登場したあっぺとっぺの助さんは
これまでも何度も雄勝に笑いの渦を巻き起こしてきた有名人


この日も会場は満員となり、目出度い舞いにちょっと毒舌なトークなど
会場にいらしたお客様を徐々に巻き込むような空気を作りだしていました。



あっぺとっぺの助さんは雄勝出身、現在は仙台を中心に活動していますが
この日もはるばる仙台から雄勝へ見に来た熱狂的ファン(?)の方もいて
その人気ぶりは雄勝にとどまりません。


踊り、歌、昔話や笑い話など雄勝の方々にも馴染み深い地元の方言交じりの演芸は
独特の面白さを生み出していました。


見逃してしまった方は次回、ぜひ雄勝に足を運んでみてはどうでしょうか?

 

2015/01/12

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!
石巻市雄勝地区復興応援隊ブログを本年も宜しくお願い致します。

さて、オーリンクハウスから見えるいつもの風景の中に見慣れないものが...

道路向かい側にある「八百清」さんの入り口に
なにやら謎の高速回転する装置!


「お買物のお客様 今日だけ裏の方から 入って下さい」

なんと高速で回っていたのは「イカ」
スルメを作るために高速で回転させる装置だそうで
県内のある会社の方から使ってみてほしいと借りているそうです。

「夏のイカは皮が薄いんだけど、冬のイカは皮が厚くてね。
これで回転すると早く乾燥するみたい。」


動力源はソーラーパネルというハイテクなこの装置。
天気の良い日なら見れるかもしれません!
実際に八百清さんではパンフレットも置いてありますので
気になる方はぜひ!