2014/12/28

平成27年1月24日 奇祭 名振のおめつき 山車担ぎ手募集!

石巻市雄勝町名振地区、新年の恒例行事「おめつき」が行われます。
そこで、山車(だし)の担ぎ手ボランティアを募集しています。
ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら下記お問合せ先までご連絡お願いいたします。

日時:1月24日(土) 9:30時集合
場所:石巻市雄勝町名振  山祗神社周辺 (旧名振バス停前)
募集人数:5~6名
参加条件:動きやすい恰好で防寒対策をお願いいたします。
汗をかくこともありますので着替えを用意することをお勧めいたします。
保険加入する都合上、お名前と年齢等の基本情報を事前にお伺いいたします。
お問合せ 090-4886-2478 (和泉)


【名振のおめつき】とは

天明初年頃、集落で大火があり、
同年三年(1783年)に火伏せの神である、
静岡県の秋葉の神を観請(かんじょう)して、
その碑を集落の東西両端に建立し村内安全を祈願した。
祭礼はそれに起源する火伏せの祭であるという。

祭礼で演じられる芸能の「おめつき」は、
「思い付き」であり「俄(にわか)狂言」のことで
例祭の名称もこれによる。

祭りは、東・中・西・小浜の四組に別れた
契約講(けいやくこう)が、毎年1月24日に輪番で
担当する「亭前」により行われる。
当日は丁印を先頭に、後に続く山車の「舞台」の笛、
太鼓で道中囃子を奏でながら、
東の秋葉社の碑に向かう。
碑の前で神事を行い「里中安全」の神符が集落の
三ヶ所の入口に立てられる。

丁印と舞台は東端を出発し、
獅子舞を従えて集落内を巡行する。
巡行に従って、四組の定められた
旧家の庭先で「おめつき」が演じられる。

それぞれの演技組は仮装をこらし、
内容には一応の形式があり、用意された
小道具が示され、見物衆との即興的な掛け合いがあり、
謎解きがされて「落ち」となる。
内容は漁況や政治といった時事問題が主題とされるが、
筋立てや狂言回し、それに、小道具には男根、女陰があるなど
性的に誇張されており、また、それを取り入れていることが
定めにされている。

巡行の途中で舞台は担ぎ手により激しくもまれ、
一部は故意に破壊されてしまい、
翌年の亭前へ祭具の引き継ぎがされるが、
破壊箇所の吟味で口論におよぶやり取りがあり、
総代が仲裁に入り手打ちとなる。

本祭礼は年の初めに、集落内の安全を祈願する祭祀に
山車として舞台が巡行することと、
芸能の即興劇が組み込まれているのが特徴である。
おめつきの性的な要素は、正業である漁業の豊漁を
祈願する予祝儀礼である。
しかも、即興芸能で演じられているのは、
全国的に例が少なく、特殊な祭祀として貴重である。

(名振 秋葉神社近くの看板より)






2015年 春祈祷の日程

1月 2日 桑浜・羽坂  (白銀神社)

  3日 大須(八幡神社)
    熊沢(五十鈴神社)
    明神(塩釜神社)
    雄勝(新山神社)

  4日 大浜(葉山神社)
    水浜(作倉神社)

  5日 立浜(北野神社)

  6日 荒(熊野神社)
    船越(八雲神社・船魂神社)

  24日 名振 (おめつき)(山祗神社・秋葉神社)


取材日記:
先日、雄勝の春祈祷の日程を聞きに葉山神社へ行ってきた時に、
宮司の千葉修司さんと震災、法印神楽、獅子舞のお話を聞かせてもらいました。
震災で被災した葉山神社の社務所、社殿も再建工事が始まり来年には完成するとのこと。
ここまで辿り着くまで今までの苦労は多くは語りませんでしたが、真剣な表情と安堵の表情から思いの強さと重みを感じ取れました。
2012年に味噌作の胴ばやし獅子舞愛好連が活動再開し、
様々な地区でも獅子舞が復活してきています。
ただ震災の影響や保存会の高齢化で獅子舞を復活させることがまだ叶わない地区もあり、
これから先の後継者、どう保存するかなど、まだまだ課題は多そうです。

大浜の春祈祷で使う「テレボク」という獅子頭を見せてもらいました。
他の浜の獅子頭と一風違うテレボク。なんでも、遠い昔に大浜に朝鮮の王が
来た時に乗っていた船の材木で作られた獅子頭だそうです。
大浜の由来は朝鮮の王が来て住んでおり、王の住んだ浜「王浜(おうはま)」と名付けられ、後に「大浜」となったそうです。
残念ながら、震災の津波で流失してしまったそうですが、震災の前の年に
調査の方々が写真、寸法を取って残していたために、復元することができたそうです。
これから続く未来へ、年を超える毎色々なストーリーや意味が刻まれていくのかなと想像します。







2014/12/25

しゅうちゃんのレシピ | 手羽先と大根のピリ辛煮

材料(5人前)

・手羽先・・・・10ヶ
・大根・・・・・1本
・豆板醤・・・・適量
・ゴマ油・・・・適量
・めんつゆ・・・適量
・ダシ汁・・・・適量
・塩コショウ・・適量
・米・・・・・・少量

1,大根ば切って面取りして、生米ば入れだ水で火が通るまで炊いでけらいん。

2,鍋さゴマ油ばひいで、じっくり豆板醤ば炒めで、塩コショウした手羽先さ焼ぎ色ばつけっぺしー。

3,焼ぎ色ついだら、ダシ汁ばひたひたになるぐれーまで入れでねー。

4,炊いだ大根ば水で洗って3さ入れで煮立たせで、
   アクをまでーに取ってけらいん(アクばきれいに取っと汁が濁んねがらね)

5,あどは、めんつゆで味付けして、豆板醤で辛みば好みに調節してコトコト煮込めば完成だいっちゃー!


簡単だすぺ?大根がんめぇ時期だがらね!こんなのもやってみだらなじょだべ?




月刊おがつ38号 (2014年12月)に掲載


月刊おがつ 38号(2014年12月)発行されました!

月刊おがつ 37号(2014年11月)を発行しました。
PDF版はカラーになります。


・溢れる笑い声、心温まる --- おもしろ落語会
・灯りの守り人達 --- 大須灯火(ともしび)会
・天雄寺観音堂再建
・音に包まれるキャンドルの灯 --- クリスマスの音楽会
・この人だぁ〜れ? --- 岩村 茂幸(たかゆき) さん
・サークル募集 -- 雄勝まちづくり協会より
・名振のおめつき 山車担ぎ手若干名募集

などなど

バックナンバーはこちらから





2014/12/24

メリークリスマス!!

今日はクリスマスイヴ。
皆さんはどうお過ごしですか?

オーリンクハウス内にある「カフェ縁」も本日は特別営業しております。

期間限定「クリスマスタルト(2種)」は明日25日までとなっていますので
この機会にぜひお試しください。


石巻市雄勝地区復興応援隊は現在、今年最後の「月刊おがつ」制作の最終チェックを行っています。
お手元に届くまでもうしばらくお待ちくださいね。

今年もあとわずか、今年一年購読ありがとうございました。
ブログの方では、過去のバックナンバーから最新号までカラーで配信しておりますので
少し早いですが、今年一年を振り返ってみるのもいいかもしれません。

来年も変わらず雄勝の 今 をお届けしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

なお紙面での購読希望の方は石巻市雄勝地区復興応援隊へご連絡ください。
無料で郵送配布いたします。

石巻市雄勝地区復興応援隊
ogatsu.fukkou@gmail.com

2014/12/22

おがつ店こ屋街 年末年始初売り抽選会 | 12月26日〜1月11日 おがつ店こ屋街

おがつ店こ屋街の年末年始の売り出し抽選会が
12月26日〜1月11日の17日間やっています。
期間中おがつ店こ屋街のお店でお買い上げ¥500毎に
1枚の抽選券が贈呈されるそうです。

抽選会は1月11日 (日) 午前10時〜午後3時
「雄勝町胴ばやし獅子舞味噌作愛好連」による春祈祷もありますよ。

気になる景品は
特賞 ガソリン券(プリカ) 20,000円分・・・・・・・・・・・3本
1等賞 米沢牛(ステーキ用、すき焼き用)・・・・・・・・・・6本
2等賞 海産物詰め合わせ・・・・・・・・・・・・・・・・10本
3等賞 おがつ店こ屋街店舗賞・・・・・・・・・・・・・・14本
4等賞 おがつ店こ屋街商品券500円分・・・・・・・・・・200本
特別協賛賞 コシヒカリ10kg40個、ひとめぼれ3kg20個・・60本
参加賞 BOXティッシュ1箱 (先着500名様限定、お1人様1箱まで)

と、実用的かつ豪華。

おがつ店こ屋街抽選会参加店舗は

・南三陸うまいもの屋 洸洋
・かみやま
・伝八寿し
・みうら海産物店
・野菜、果物 八百清
・おがつスターズ
・もんま屋商店
・雄勝タクシー
・雄勝硯生産販売協同組合
・オーリンクハウス
・いっぷく亭
・勧善道場
・浜のおばちゃん
・(一社) 石巻観光協会雄勝事務所

是非是非、雄勝町の店こ屋街までおこしください。






音に包まれるキャンドルの灯 -クリスマスの音楽会-

去年も盛り上がった「クリスマスの音楽会」が、今年も雄勝町オーリンクハウスで開催されました。


1213日(土)18時からの開演でしたが、同日はオーリンクハウスに隣接されたテントでおがつ復興市実行委員会主催の「クリスマススペシャル企画 ~真冬のホタテBBQ~」も開催され、この日出演予定のアーティストや参加者も開演前から焼きたてのホタテで暖まっていました。

開演と同時に会場となったオーリンクハウス内「カフェ縁」はほぼ満員状態。
2mの巨大ツリーや限定メニューの各種タルトやアラカルト、白ワインで煮込んだリンゴを使ったコンポート、体も暖まる縁特製ホットワインなども用意され素敵な音楽と共に楽しめるイベントとなっていました。

出演アーティストは北上町出身の渋谷修治さん、そして各地で雄勝のPR活動を続ける
Be I Projectメンバーから
主に関東を中心に活動する二人組「Brother/ブラザー」、
数々の公演やサポートに参加し、ヴァイオリン・ヴィオラ講師としても活動している「maki」さん、兄弟で活動し故郷仙台と東京に分かれ音楽による地域のPR活動に力を注いでいる「メリチョコ」。
オリジナル曲やクリスマスソング、誰もが知っている懐メロなどがキャンドルとイルミネーション中響き渡っていました。

各地で雄勝の物産の販売などPR活動を続けるBe I Projectの方々ですが、この日はサプライズとして雄勝の方々、石巻市雄勝地区復興応援隊含むオーリンクハウススタッフ、そして会場の皆さんから日頃の感謝を込めたプレゼントの贈呈も行われました。
Be I Projectの皆様、今年も一年間ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

2014/12/20

あっぺっとっぺの助 演芸ライブ | 1月10日 (土)

なんと!新年早々「あっぺとっぺの助」さんが雄勝に帰って来ます!
地元では言わずと知れた彼の芸は、観る人全てを笑いの渦に巻き込んでしまいます。
会場全体が一緒に笑い、時には涙する・・・この言葉では表現できない一体感を未経験の方は是非この機会に。
新年の初笑いは是非オーリンクハウスでお過ごしください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時:2015年1月10日(日)開場13:00~ 開演13:30~
場所:オーリンクハウス(石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34番地3)
内容:演芸(お笑いライブ)

主催:特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
共催:石巻市雄勝地区復興応援隊
協力:JT NPO応援プロジェクト



2014/12/14

溢れる笑い声 おもしろ落語会

1129

雄勝町伊勢畑にある民営公民館オーリンクハウスにあるカフェ縁を会場に
「おもしろ落語会」が開催され、店内に収まりきらない程の笑い声で盛り上がりました。



この日の為に大阪からはるばる雄勝町へやってきたのは落語家 桂南天さん、アナウンサーで趣味が落語という三代澤康司さん。
店内に作られた高座を囲むように満員状態。


落語を見たことがないというお客さんも多いということで、開演前のお話では
「落語を楽しむポイント」をお話ししていただきました。
まず1つは「面白かったら素直に笑う」ということ、人は笑うことで健康になれるというお話もされていました。
2つ目は「面白いところを探して笑う」ということ、落語は物語や登場人物の台詞・表情など、想像して笑うことができます。
そして最後は「面白くなくても笑う」なんだそうです(笑)
これには会場も大爆笑、始まる前から終わりまで笑いが絶えませんでした。


今回の落語会の様子は後日、大阪・ABCラジオで毎週月曜日から金曜日まで放送されている生ワイド番組ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」内、毎週水曜日放送「石巻通信」のコーナーで放送され、落語家 桂南天さん・三代澤康司さんも「震災で被害に遭われた方々に笑いを届けることが出来てとても嬉しく思う」と語っていました。

 大阪・ABCラジオ
ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です
毎週月曜日から金曜日9:00 - 12:00 放送中


2014/12/08

映画上映会 『ぼくたちわたしたちが考える復興 -夢を乗せて-』 | 12月21日 (日) オーリンクハウス

雄勝町のオーリンクハウスで21日(日)に映画上映会があります。
タイトルは「ぼくたちわたしたちが考える復興 -夢を乗せて-」
2011年3月11日の東日本大震災により大きく被害を受けた三陸沿岸。
人々は悲しい気持ちを「復興する想い」に変えて走り続けている。

石巻市立雄勝小学校(石巻市雄勝町)の子ども達は慣れ親しんだ校舎と自宅を失い
震災後飯野川地区の河北中学校を間借りし授業を受けていた。
子ども達の悲しい体験をなんとか希望に変えてやりたいと、教師たちを毎日思考していた。
当時、雄勝小学校で教師をしていた徳水博志さん(今はローズファクトリーガーデン代表)もまた、子ども達に希望を持たせてあげたいと強く考えていた教師の一人で、
「ふるさとを復興させようと頑張る大人の姿こそが、子ども達に希望を与える」、
徳水さんはそう考えて、全職員に新しい発想の教育実践を提案した。
それが全国で最初の「復興教育」である。

2011年9月から総合学習の時間を活用し、全校で「復興教育」をはじめた。
その教育は、地域の復興に取り組む大人と子ども達を出会わせるというものだった。
この授業を通して、子供達は自分たちが想い、考えたことを木版画に表現し、
それに彫られたのは「希望の船」と呼ばれる、美しい家族や町の未来だった。
この映画は「希望の船」が完成するまでの子ども達と教師の実践を追った1年間の
ドキュメンタリーです。

映画会当日、アフタートークで徳水さんも来られます。




日時:2014年12/21(日)13:30~15:00(鑑賞無料) 
   ※席に限りがありますので、ご希望の方は事前予約も承ります。当日は先着順。
場所:オーリンクハウス(多目的ホール) 石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34-3

アフタートーク
上映後、本映画の監修を務めた徳水博志氏(元雄勝小学校教諭)を
ゲストに迎え、当時を振り返りながら子供たちと考えた地域復興と
希望についてお話を伺います。


お問合せ/ご予約:特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
TEL/FAX:0225-90-3770 (10:00~17:00)
Email:o.machidukuri@gmail.com


主催:特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会/石巻市雄勝地区復興応援隊
協力:JT NPO応援プロジェクト/徳水博志/成澤俊幸(写真提供)


2013年|日本|DVD|本編60分・解説10分|ドキュメンタリー 
製作:一般財団法人日本児童教育振興財団 
撮影:グループ現代
監修・授業指導:徳水博志 
協力:2012年度雄勝小学校5年生のみなさん/OHガッツ/雄勝地区震災復興まちづくり協議会/他







クリスマスの音楽会 | 12月13日 (日) オーリンクハウス


オーリンハウスではクリスマスツリーとキャンドルの灯りのもと、
クリスマス音楽会を開催いたします。
ゲストに迎えるのは雄勝にゆかりのある3組のアーティスト。
美しいクリスマスソングをはじめ懐かしいあの曲やオリジナル曲等
盛り沢山のコンサートです。冬の静かな夕暮れに響く音楽が優しい時間を創り出します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時:12月13日(土)18:00~20:30【入場無料】
場所:オーリンクハウス(石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34-3)

出演:
渋谷修治
BROTHER(ブラザー)
メリチョコ

お問合せ: NPO法人雄勝まちづくり協会 http://www.o-link.org/
TEL 0225-90-3770 E-mail: o.machidukuri@gmail.com

主催:NPO法人雄勝まちづくり協会/石巻市雄勝地区復興応援隊
協力:JT NPO 応援プロジェクト